おばあの旅日記

おばあの旅日記と 愛犬コウの日常を写真満載で綴ります。 (おばあの長女・時々次女が更新しています)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
北海道6 登別温泉 ホテルまほろば (+ススキノの居酒屋)


登別温泉ではとにかく温泉を満喫したかったので規模の大きいお風呂がある宿を探しました。
調べた所、第一滝本館とホテルまほろばの大浴場が大きく、このうち第一滝本館は過去に2回宿泊した事があるので今回はホテルまほろばに泊まることにしました。


約400室の部屋がある巨大旅館です。



予想通り旅館の中は中国語や韓国語を話す人達でいっぱいでしたが、ゾーン分けをしているのか私達が泊まった最上階は静かで、エレベーターホールも他の階と違って庭園風になってました。


部屋はホントによくある10畳の和室ですが、メンテしてあるし文句なしです。



そして個人的に感動した自販機。
ビールが250円と超良心的だし、北海道限定のサッポロクラシックもありました(・∀・)


売店も大きめで、100均商品まで売ってました。
私は客室数が少ないこだわり派のお宿も大好きですが、こういう大規模旅館も館内の探検が楽しくて好きです。


外国人客に人気のあるキティちゃんグッズがいっぱい。


登別の鬼さん達も可愛かったです。



でもやはり私を惹きつけたのはビールの価格。
217円と旅館の売店としては破格のお値段でした☆



お風呂は31個あり、一つ一つの面積も広いので私にはパラダイスでしたヽ(^o^*)/
深夜も未明も人がいて写真は撮れなかったので上の画像はホテルのパンフですが、特に露天風呂はとても広いので公式HPにもっと写真を載せたらいいのにと思います。

外国人だらけで色んな国の言葉が飛び交い、日本語が聞こえると「あ!日本人ですか?」となるカオス世界でしたが、やはり濃いめのにごり湯は嬉しく、何回も入浴しました。
露天風呂で空を見上げて舞い散る雪に浮遊感を感じ、他のお客さんとのんびり世間話をし、全身バッシャーン!とお湯の中に落下するスベリ台に全裸で挑戦し、・・・あまりにも一回の入浴が長いので、先に部屋に戻った母に真顔で「酔って溺死したかと思った」と言われました(汗)

カイカイになりやすい体質なので全身が硫黄でカイカイになり、1ヶ月くらい背中のかゆみが続きましたが、それでも又濃厚な温泉行きたいです(・∀・)



食事はブュッフェ形式で、味もバイキング的な味でしたが、種類はかなり豊富で広いホールの端から端までお料理が並んでいました。
オープン時は凄い人でわからないままにトレーを持って並び、入り口近くでお料理を乗せていたら奥に色んなものが並んでいたので作戦失敗したかも。


売店が安いので少し期待しましたが、ビールは中ジョッキ750円とフツーの旅館相場でした。
周りの席はみんな外国人だったのですが、皆部屋飲みの予定なのか誰もアルコールを頼んでませんでした。


カニが一番人気で、外国人の皆さん、大皿に山盛りに積んで運んでました。


ミニ海鮮丼も作ってみた。


個人的には湯がきたてで出してくれたラーメンが一番美味しかったです☆


お風呂でカロリー消費したせいかお腹すいてて、何だかんだで結構食べましたw


途中で鬼さんタイムがあり、鬼さん達がぞろぞろとホールの中に入って来ました。
この外国人の女性は鬼フェチなのか鬼さん入場から退場までずっとそばにいたので、そのまま写真撮らせてもらいました。^^;


鬼さん達が残していったもの。


☆。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚☆



ついでにボツにしかけてた札幌の居酒屋の写真。
『月のあかり』というキリンビール園系列の居酒屋さんなんですが、アラカルトでもドリンクが500円で飲み放題と破格でした。


メニューはもう何食べたかあまり記憶にないのですが、イカの沖漬けとフライドポテトは食べたかったので最初に注文しました。


ポテト・・・前回来た時も思ったんですが、北海道のポテトはホクホクで美味しいです。
居酒屋なんだから普通に考えて冷凍だと思うんだけど、本州の居酒屋とはやはり味が違う。
道内産の芋を加工してすぐ販売してるとか、何か秘密があるのかもしれません。


何のサラダか不明


カワハギか何かの唐揚げ


不明だけど、多分レンコンのすり身揚げ


多分高菜のチャーハン


アルコールは・・・・何杯いただいたか不明。^^;
飲み物が安いから人気なのか店を出る時は満席になってました。
おいしかったですが、最初寒かったので、小さいお鍋かおでんみたいな熱々のメニューがあったらなぁ〜と思いました。



すすきのでは氷の祭典の氷像を製作中でした。
このお魚、祭典が終わったら打ち上げで食べるのかな〜?^^
雪まつりの開催も影響しているのか、夜のすすきのは人通りが多くて賑やかでした。









| obat | 北海道・東北 | 10:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
北海道5 登別温泉 地獄谷

またまたブランクが空いてしまいましたが、北海道の続きです。


雪まつりを観た後、我々は登別温泉に向かいました。
登別は過去に行った事があるし、北海道には他にも魅力的な温泉がいっぱいあるのですが、濁っていて濃度の高い硫黄泉が好きなので結局登別をリピートしてしまいます。

尚、今回の旅行は最初から雪まつりを観ようと思っていたわけではなく、雪の温泉地を探していてたまたま雪まつりも観れるとわかった経緯なので、元々の目的は温泉です。
最初は北陸で検討していたのですが、近場の北陸1泊旅行と北海道2泊旅行で予算は北海道の方が安くつきました(驚)
北陸に行くなのら名旅館に泊まりたいというのもありますが、LCCが増えて往復の交通費が安くなったのが大きいです。
北海道が近くなったようでうれし〜。^^




というわけで登別の町。温泉街は静かで、ほとんど人も歩いてませんでした。
でも観光客が少ないわけではなく、雪まつり期間はどのホテルもパッケージツアーの外国人観光客で満室に近い状態のようです。



バスターミナル
雪の中に停留所があるだけではバスが遅れた時に不安になりますが、ターミナルがあるので安心です。
でも千歳空港等へ行く便は非常に少なく、乗り継ぎのローカル線のダイヤについてはネットにも詳しく載ってなかったのでここで確認するまではちょっと心もとなかったです。



公衆浴場のさぎり湯
歴史古い銭湯なのですが、ビルの中にあります。
私は昔のままの姿を残した浴場か、現代風なら露天風呂付の施設が好きなので今回はパスしました。
でも旅館の日帰り入浴は基本1000円以上するのに対し、こちらは390円ですむので、地獄谷を観に来た方や泊まった旅館と違う泉質を楽しみたい方にはいいと思います。



温泉街の閻魔様は時々怒りだすらしいのですが、私が通った時はじっとしてました。


鬼で町おこしをしているそうで、あちこちに鬼さんがいます。
年に一度地獄谷から閻魔様が鬼を連れて温泉町へ降りてくるという言い伝えがあるらしい。
一瞬だったので写真が撮れませんでしたが、登別インターを降りてすぐのところに立ってる鬼さんは巨大でかなりインパクトありました。



温泉町を通り過ぎ、人気のない道を地獄谷へと向かいました。
歩いているのは母ですが、用心深いので雪の上では超スローモーションです。


地獄谷のサービスセンターが見えてきました。




そして地獄谷!
景色最高ですし、温泉好きとしては硫黄泉が噴出す源泉見るとテンション上がりますヽ(^o^*)/
ここで毎分3000リットルの温泉が湧き出し、温泉町へと流れていきます。
でも硫黄の匂いは他の硫黄地獄(大涌谷・万座・雲仙等)に比べると控えめで、あの匂いがダメな人でも歩けそうな感じでした。






規模は大きく、遊歩道がどこまでも繋がっていました。
過去に2回登別に来たのにここを歩くのは初めてで、何で今まで来なかったんだろう?とくやしい程素敵な道でした。


日本の自然はすばらし〜!^^



でも大湯沼へと続く道は深く雪が積もり、歩いて行くのは無理そうでした。
大湯沼・日和山・奥の湯・大湯沼川もとても綺麗な場所のようなので、夏にでも行ってみたいです。
ちなみに夏季は夜間に地獄の遊歩道がライトアップされ、鬼火のような幻想的な風景になるらしいです。



観光客は日本人はほとんど見かけませんでしたが、外国人はいっぱいいました。
大勢の韓国人団体と中国語を話す人達(台湾人?)。それからタイ人かな?東南アジア系の言葉を話す人達。
マジでどこの国なのかわからなくなってきます(@_@)
いい所だし日本人にももっと行って欲しいなぁ〜。



最後は間欠泉が噴き出す鉄泉池を目指しました。


地獄谷遊歩道は不凍剤をまいているのか見た目の印象より歩きやすかったのですが、鉄泉池への道は凍っててメチャメチャ滑りました。

写真では大した傾斜に見えないですが、この坂道は今回の旅で最強最悪のつるりんスポットです(゚ω゚ノ)ノ!!!
もうね。滑りやすいというよりも、ここを通る人の3分の1が次々に転んでました。いやマジで。
それまでの道がそれ程滑らないから皆油断してるのもありますが、特に男性は手すりにつかまって歩かないので転倒率高かったです。

ちなみに手すりをしっかり握って用心深く歩いていた母もスッテーンと転びました(笑)
「大丈夫ですか?」と後ろから日本人の男性が来て下さったのですが、その人もスッテーン。^^;
親切な方で、私達のそばを「大丈夫ですか?気をつけて」と言いながら歩いてくれるのですが、滑りやすい靴なのか3回も転び、ぶつかりそうで恐怖におびえました。
「有難うございます。私達はゆっくり行きますのでどうぞ先に行って下さい。」と先に行っていただきました。^^;



そして間欠泉。
高温のお湯がゴウゴウと湧いているので湯気が物凄いです。
新しいカメラは曇りを通り越してしっとり湿ってしまいました。
寒さで濡れた部分が凍りつき、電源入れてもレンズカバーが開かなくなったりするので雪の温泉地は恐ろしいです(+_+)


ほとんど湯気の中で真っ白の写真ばかりになってましたが、レンズを拭きまくり、一枚だけ風上で撮ったのが撮れてました。
お湯がボコボコと湧き出す様子は母のカメラで動画で撮ったんだけど、持ってくんの忘れちゃった。^^;



・・・という感じの地獄谷。
早く旅館に戻って温泉に入りまくりたいという気持ちもあったのですが、つい長居してしまうくらい素晴らしい風景でした。
トレッキングのコースが沢山あるので是非夏や秋にも来てみたいです☆
登別温泉へいらっしゃる方は歩きやすい靴を履いていってお散歩をしましょ〜♪








| obat | 北海道・東北 | 12:40 | - | trackbacks(0) | pookmark |
北海道4 東京ドームホテル 札幌 (+コウと留守番)


札幌のホテル、雪まつり直前で普段より空いている所が少なかったですが、それでも宿探しに困る程ではありませんでした。
地下鉄駅に近い便利なホテルと雪まつり会場がよく見えるホテルで検討し、今回は雪まつりが主目的だったので後者を選択しました。




雪まつりが見えるホテルは何故か非常に少ないのですが、東京ドームホテル札幌は目の前だし、多分雪まつりを見るには一番いいホテルです☆



今回は12階以上の雪まつりが見える部屋確約プランを予約。
着いた日はまつり開催前で囲いがありましたが、自衛隊の隊員さん達が最後の仕上げ作業をする様子がよく見えました。









母はシティーホテルの狭い部屋が苦手なので事前に広さも調べてましたが、比較的ゆったりしてて居心地よかったです。
コンビニもすぐ隣にあって便利。





ロビーは14階まで総吹き抜けになっていて、シースルーの高速のエレベーターが気持ちよかったです。

又、予約サイトでは客室内は有線LANのみと書いてありましたが、Wifi接続もできましたし、回線速度も悪くありませんでした。
(写真のはかなり速いですが、有線の方です)

ちなみに移動中はあまりネットしたいと思わない私、いまだにガラケー使いなのですが、旅先ではないと色々困るのでこの旅からタブレット端末使ってます。
画面が広いからネットがしやすい。・・・・だけど340gあるので結構重い〜(+_+)
札幌を観光する際、重いから持っていかずにホテルの超アバウトな概略地図を持って行って何度か道に迷いました。(何の為のタブレットなんだか^^;)

でも札幌の人達がとても親切で、むしろ迷ってよかったかも・・・。
皆さん「この道をまっすぐです」とか言うのではなく、「この道沿いの右側にあるんですが、あと300メートルくらいかなぁ?あの茶色いビルの奥です。先にそこの信号を渡った方がいいですよ」とかとても丁寧ににこやかに説明して下さるので嬉しくなりました。
3回道を聞きましたが、3回とももう少しで「ありがとうございます。よければ結婚して下さい」と言うところでした。男女問わずw




<おまけ>

現在母が旅行しており(何故か又もや北海道)私はコウ宅に泊まって留守番しています。
去年の初冬から眠れない事が多い私はコウ宅で寒かったりして超寝不足ですが、コウが元気に振り回してくれてます(+_+)


今はだめ。後でね〜。


うーん。じゃ、お散歩行こうか。
(・・・結局いつもこのパターン)




こら!やめなさい(ーー;)


お好きにどうぞ。



コウは花粉症気味のようで最近よく涙が出るし、外へ行くと目が半分しか開きません。
特に左目はずっと涙ぐんでます。


花粉とか黄砂とかPM2.5とか早く収まるといいね。





<おまけ2>


ボクはまた北海道に連れて行ってもらえませんでちた。
ちかたがないからパパと遊んでやってるわん。



パパ、今回も北海道おちるばんフェアちてくれると思ったら・・・・




一人で春の新製品飲み比べまつりをちてまちた。
しどいパパわん。

そちて昨日はやきゅうを見てのたうちまわり、「ああぁぁぁぁ〜。あのダブルスチールは何やったの〜?」
「なんで〜?なんで〜?決勝いけないの〜っ?」と叫び続けてまちた。
うるさかったわん。
やきゅーなんかより、ボクとクマちゃんボールで遊んだらいいのにわん。



でもボク用にタイのホイル焼きとか毎日作ってくれるし、パパは基本的にボクの言うことを何でも聞くからまぁまぁ楽ちいお留守番でち。
さくらが咲いたらお花見行こうねって言ってたから、早くさくらの花咲いてほちいわん!
目がショボショボするけろ、春はちゅてきなシーズンわんね♪











| obat | 北海道・東北 | 11:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
北海道3 北海道大学・サッポロファクトリー・円山公園と北海道神宮
 
とびとびになってしまってますが、北海道の続きです。

札幌駅を見た後、私はサッポロファクトリーへ行く予定だったのですが、地図を見て北海道大学が近いのに気づき、広いキャンパスとクラーク博士の像が見たくなりました。

・・・それで予定を変えて、寄り道することに。


それまでは除雪されて乾いた道ばっかりだったのですが、北大への道は雪が積もっていました。すべる〜(+_+)


キャンパス内も勿論白い世界です。綺麗だけどめちゃ滑る〜(@_@)

学生と見られる男性が、かなりの速さでこの道をタタターっと走って行ったのですが、一体どうして滑らないのか、どんな靴を履いているのかとても気になりました。
できる事なら、全速力で走って追いついて小一時間問い詰めたかった。

そして私、だんだん不安になってきました。
地図に北大の場所はのっているけど、キャンパス内のどこにクラーク像があるかなんて書いてないし、とにかく広いです。
雪上のノロノロ歩きでは夕食の時間までにこことファクトリーを観光する事ができません。
道を聞きたいのだけれど、日曜日の大学なのであまり人も歩いてないのです。

それに日が傾き始めてめちゃ寒い〜{{ (>_<) }}
もうクラーク博士は諦めるかなーと考えていた時、カップルが横を通りました。・・・勿論すかさず道を聞く私。
すると「あー。多分こっちやと思いますよ。僕らも今行くところです」とにこやかなお返事。
そこから近いようでホッとしました。
関西弁だったので「関西からですか?」と聞くと兵庫県からいらしたそうで、お互い「めちゃめちゃ寒いですね〜」「ホンマありえへん寒さです」とコテコテのイントネーションで話して和みました。^^



クラーク像のそばにある古河記念講堂。


そして無事クラーク博士の元へ到着。ゎ〜ぃ!
でも写真を撮っていると男性の方が首をかしげました。「これ、なんかちゃうと思いません?クラークさんは立ってこんな風に手を伸ばしてはったと思うんやけど・・・」
「あ、そう言えば・・・」
あれっ?と思いました。
そやそや。そう言えば私の記憶の中でも立って手を伸ばしてはりました。
いかにも「少年よ、大志を抱け」ゆう感じに。
ちゅー事はこのクラークはん以外に本物がありますんやろか?
表示では『クラーク像』になってるけど、これってサブキャラ?

でも時間がないし、とにかく寒い。
結局私は二人にお礼を言って北大を後にしましたが、後で立ってる方は羊ヶ丘展望台にあると知り、スッキリ+ホッとしました。
胸像のクラークさんもちゃんと立派なメインキャラだったw
でも立ってるクラークさんが見たい方は羊ヶ丘へ行きましょう。^^
(尚、北大構内には4人のサブクラーク達がいるらしいです)




その後私はサッポロファクトリーへ。
結構大きなショッピングセンターなのですが、時間がないので中をすーっと素通りして赤レンガの工場へ向かいました。


レンガの壁が素敵です。


ビアホールも美味しそう〜。
でもこの後すすきのの居酒屋に行く予定だったので、飲みませんでした。
それに居酒屋に行く予定がなくてもビール飲むには寒すぎた(><)
何故寒冷地の北海道にビアホールがいっぱいあるのか不思議になります。


札幌開拓使麦酒醸造所の面影を残すレンガ館。


中も見学できるのですが、時間がないので外だけにしました。
日が暮れて写真もボケボケ。^^;

その後は待ち合わせの薄野へ向かったのですが、ファクトリーから地下鉄駅までの道がまたよく滑りました。
そのせいで少し前を歩く30歳くらいのシックないいスーツとコートを着た男性が横にステーンと転倒。
思い切った転び方だったので、すぐ後ろを歩いていた女の子二人組がくすくす笑いました。
イヤな笑い方ではなく、むしろ冷めた目で見られるよりはホッとするような笑い方だったんですが・・・。
男性は相当恥ずかしかったようで格好よくタタッと立ち上がり、そのまま小走りにその場を去ろうとしました。

・・・で、その結果、私の前で再び転びそうに!(@_@)
もうメチャ怖かったです。
スケートを経験した方はわかると思いますが、あまり上手くない人が正面からスピードをあげて激しくぶつかってくる感じ(><)
こっちも転びそうだし、足で足を蹴られたら痛いです。
「やめて!落ち着いて!あなたはちっとも恥ずかしくない!私はあなたの仲間です。転倒派です!」と心の中で叫びました。
幸いぶつからずにすみましたが、男性はもう大慌てでその場から消えていきました。
あれから又転んだかしら?おしゃれな転倒兄さんのご無事を祈ります。




さて、翌朝。
神社仏閣の雪景色が見たかった私は北海道神宮に向かいました。


大通公園の雪像を見ながら西へと歩き、歩道も乾いて歩きやすいので残りの地下鉄一駅分も歩くことにしましたが・・・


やはり途中からこんな状態でした。
この日も時間に余裕がなかったから焦った。
でも前日何度もズルッとなり、自衛隊の隊員さんの前でスッテンコロリーンと転んだのに、二日目は不思議と滑りませんでした。
どうやら前日に私の筋肉は結構学習したようです。

・・・・オバサンの筋肉あなどるべからず!( ̄∀ ̄ )
MAXがステージ10・レベル100として、3面のレベル28くらいまでは来たかもしれません。へへーっ(・∀・)



北海道神宮は神社を囲む円山公園が広大で、思ったとおりの素敵な場所でした。


雪の杉木立が素晴らしい〜(*^,^*)。
でもカメラで雪を撮るとコントラストが強すぎるのか変な色になります。
実物は綺麗だったのになぁ〜。雪モードがないので、どうやったら自然に撮れるのか勉強しなくてはなりません。



神のような自転車走行をするおじさん。
きっと雪上レベル90以上に違いない(-_☆)キラリ



そして神宮。
中心部に比べると閑散としてますが、外国人ツアー客は結構いました。
黒っぽい建物が雪に映えてとても立派です。
初詣の参拝客数は道内一位。東北を入れても一位の神社です。


歴史は明治からで、祀られているのが開拓三神というのが北海道らしいです。



・・・という感じで、大急ぎで周った札幌ですが、見所が沢山あって楽しかったです☆
今回観たいなと思いつつ行けなかった場所もあるので、又機会があれば自分で歩いて観光しようと思います。










| obat | 北海道・東北 | 17:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
北海道2 北海道庁旧本庁舎・札幌時計台

間があきましたが、北海道のお話に戻ります。


 <yahoo!天気予報>
急いで雪まつりの記事を載せたので少し話が戻りますが、札幌へ旅立つ日の前日、大阪の気温は16度でした。


 <yahoo!天気予報>
しかし予報を見ると、札幌の気温は最高でもマイナス4度( ̄□ ̄;)ビックリ!!
関西はたまたま一週間程暖かい日が続いていたのですが、気温が20度低い所だと一体どんな服装をすればいいのか考えこみました。
最高気温マイナス4度とか・・・寒がりの私は想像しただけでも心臓がぎゅわっと縮みます(+_+)




そして札幌。

やっぱり寒かった〜(+_+)
寒さに強い母は「そんな大した事ないね」と余裕でしたが、私は寒くて寒くて寒くて、特に日陰や風が吹いた時は「ひゃーーっ、たすけて〜っ!」と震えあがりました。
今月2日からの暴風雪で大きな被害がでていますが、住んでいらっしゃる方は本当に本当に大変だと思います。


でも足元は思っていたより安全でした。
雪が凍結して滑るのではないかと懸念してましたが、中心部の歩道はきちんと除雪され、交差点等に山ができてるだけでした。
尚、繁華街もあまり人が歩いてませんでしたが、みんな冬は地下道を通っているようです。




到着日は雪まつりも見れない部分が多かったし、せっかく札幌来たので私は一人でスタターとスピード観光しました。
先ずは北海道庁旧本庁舎。




赤レンガ造りの素敵な建物です。
明治21年竣工で、時計台とは約10年しか違わないのですが、どうして時計台の方が有名なのかな?
お庭も広いし、こちらもいいなぁと思います。





そして時計台。
先に旧本庁舎を見て、旧本庁舎の方が大きくていいんじゃない?と思いましたが、実物を見てこちらもいいなーと思いました。
日本三大ガッカリ名所にあがる事もありますが、私はこのたたずまい好きです。
小さい頃に来て、自分は覚えてないけど祖父と一緒に写った写真があるのですが、何か懐かしくなりました。



その後、寒くて耐えられなかったので地下道に入り、札幌駅に出ました。



竣工して10年のJRタワー。
まだ新しくて綺麗です。


大丸の建物も瀟洒でした。
関西以外の地方では伊勢丹とか東京のデパートがあるイメージですが、札幌は大丸とか三越とか関西系のデパートが多いようです。


私は札幌には過去に何回か来てるのですが、観光ツアーが多くて、地下鉄や徒歩で周ったのは初めてだったので、色々と新鮮でした。
特に札幌駅からすすきの駅までずーっと地下道が繋がってるのはとてもとても有難かったです。
外でもうダメ!凍る(+_+)と思っても、暖かい地下道に下りたら体が溶ける〜。^^
寒い地方は一般的に暖房の設定温度が高く、エコじゃないという話を聞きますが、外があまりにも寒いので例えばコンビニ等が低めの暖房だと体が温まらないのかもと思いました。



旧本庁舎の近くを歩くカップル。
いい雰囲気・・・というのもありますが、私はこのお二人がとても気になりました。
何故なら女の子のトップスがニットのロングカーディガンで、コートもジャケットも着てなかったからです(@_@)
彼の方も薄い化繊のジャケットで、二人は「もう無理!死ぬ〜!寒いぃ〜!寒いいいぃぃぃ〜!何だこりゃ〜っ!」と叫んでいました。

一体どうして二人はそんなに薄着なのか???
私は推理しながら歩きました。

地元の人は無茶な薄着はしないだろうし、さっき旧本庁舎で写真を撮っていたという事は、多分観光客です。
そして観光客が軽装で歩く理由・・・。
もしかしたら暖房のきつい観光バスで「今から一時間の自由散策です」とか言われたんじゃないかと。
寒い地方のバスは暑くてのぼせるくらいに暖房が強いので・・・(「お願い降ろして!雪に全身突っ込みたい!」と思う時がある。)
二人はバスを降り、トイレ休憩のノリで「あ〜!気持ちいい〜ヽ(^o^)丿」とそのまま薄着で来てしまったというのが私の推測です。

尚その時の私の服装は、ヒートテックのシャツ2枚重ね+ニットのタートル+ニットのチュニック+パンツの下にニーハイソックス+靴下もう一枚+分厚いジャケット+貼るカイロ・・・というポンポコリン装備でした。
それでもとても寒かった。

町を歩く人達はそんなに厚着してないのに平気そうで、なんかマイノリティー気分だったので、超寒そうな二人に私は親近感を覚え、しばらくして時計台のそばで見かけた時は少し嬉しくなったのでした。
人の薄着を喜んですみません。^^;
でもきっと二人には忘れられない札幌の思い出ができたと思います。^^









| obat | 北海道・東北 | 17:30 | - | trackbacks(0) | pookmark |
北海道1 札幌雪まつり 2013
 
沖縄ネタの途中ですが、雪まつりを観に北海道へ行って来ました。
どうせなら開催期間中に写真をUPしたいので、先に雪まつりの記事を更新致します。


北海道旅行が決まったのは出発の一週間前でした。
今年も雪の温泉に行きたい。濁り湯の温泉がいい。・・・と思ったものの、雪深い温泉は交通の便が悪い所が多く、公共交通で行ける場所は過去に行った所が多いので何処かないか?と探し、そうだ登別温泉!どうせなら雪まつりを見るため急ごう!と突然決まった次第です。


雪まつり期間とその前後は飛行機も宿も予約が困難なので無理だろうと思ってましたが、LCCの増加でチケットは余裕で取れたし、値段も高くありませんでした。
一週間前でこれなので、早めに手配すれば格安で飛行機やホテルが予約できると思います。


ジェットスターは初めてですが、シートピッチとシートの形状はピーチとそっくりでした。
椅子が硬いのは別にいいけど、ヘッドレストが前に傾いてて首を曲げた状態になるのが首コリの私には辛かった(+_+)



お天気は良く、機内から見下ろす白い山脈が最高に綺麗でした。




そして雪まつり!
ホテルに荷物を置いてすぐに見に行きました。
でも前々日は作品に囲いがしてあり、作業の為に周囲は立入り禁止でほとんど見れない状態だった。^^;

よく『プレ雪まつりツアー』というのがあるので、祭りの前も雪像が見られるのかと思ってましたが、足場や囲いが取れて雪像が見えるようになったのは前日の昼頃でした。



でも個人参加の小さな作品群は前々日から見ることができ、作品によっては仕上げ作業の様子を見ることができました。


最高気温マイナス4度なのに笑ってる沖縄のシーサー


虎さんとスカイツリー


私の好きなメロン熊


スギちゃんはえらい人気で、『ワイルド蛇ろぉ〜!』とか『マイルドだべ〜』とか関連作品?までありました。

後はご当地キャラが多かったかな?
友達の子供が相変わらずポケモン好きなのでポケモンの雪像があったら写メろうと探しましたが、ポケモンは見つけられませんでした。



尚、会場オープンまではちゃんとした道はなく、道路脇の雪を踏み固めた場所が通路になってます。

デコボコがあるし、凍ってる所もあるので結構スリリング・・・・
写真を撮りながらヘラヘラ歩いてる私は歩き始めてすぐにズルッドシン!イテっ!と転びました(☆o◎)
それからは気をつけて歩きましたが、5回くらい小さく滑ってヒヤリ。

靴は雪道に向くトレッキングブーツを履いてましたが、靴底の溝が雪で埋まってしまうのであまり効果がないような?
地元の人が足早に歩く様子がめっちゃカッコよく見え、検証の為に動画に収めたい程でございました。^^;




そして夜。
ホテルの窓からは最後の追い込み作業をする自衛隊の皆さんが見えました。
外はマイナス7度くらいでしょうか?心配になります。



母にコンビニに行くと言い、様子を見に下に降りてみました。


ライトに照らされた雪像は綺麗ですが、この寒さでの作業は大変です。
しかもそばを通った隊員さんに「何時まで作業をなさるんですか?」と聞くと、なんと「今日は朝5時までです」というお答え。
ひぇ〜っ。手が凍りますよ。いや全身凍るぅ〜{{ (>_<) }}

・・・で、私。

「こんな立派な雪像を造って下さってありがとうございます。でもどうか無理なさらないで下さいね」

と応援したのですが。

隊員さんに背を向けて2歩歩いた所でスッテンコロリーン!と転びました(☆o◎)
昼間はズルッドシンだったけど、今度は見事なくらいにスッテンコロリーン!!!\(~o~)/

あぁもぅ・・・「無理すんなよ!」と励ましといて転ぶなんて、吉本新喜劇のベタなネタみたいでつよ_| ̄|○ ガク

背後に「大丈夫ですか?」という困惑気味の声が聞こえましたが、「はい」と曖昧に答え、振り返らずに立ち去った私でございました。

酔っていたので余計な力が入らず、体がふにゃっとなり、全く痛みはありませんでしたが、今後は凍った雪道で人の応援をするのはやめようと強く心に誓いました。


さて翌日。

囲いがしてあった雪像も少しずつ全体像が見えてきました。


これは屋根だけ見て中国の建物かと思ってた雪像ですが、出来上がったら歌舞伎座でした。


ジャンプ台


ちびまる子ちゃん
一瞬真ん中がまるちゃんに見えますが、ファミリーという文字の横のデッカイのがまるちゃん。


全体像は木の陰に隠れてます。


中正紀念堂とかいう台湾の建物


ワット・ベンチャマボピットとかいうタイの建物


札幌、中島公園の豊平館


いやもう。どの作品も見事でため息がでました。


伊勢 神話への旅


私はどちらかというと建物をモチーフにした雪像に興味があったのですが、今回実物を見た感じではこれが一番ディティールに凝っていて存在感がありました。
一体どうやってこんな風に形造っていくのか不思議です。



開催日前日の昼頃には屋台のお店も営業を始めてました。

・・・という感じで。
前々日までは囲いでほとんど見れませんでしたが、前日の昼頃に横道から覗ける作品が増え、夕方にはオープンという段取りの雪まつりでした。
前日でもツアー客が沢山いたので開催中は凄く混みそうですが、大通公園のそばに宿泊して朝見て回ればいい感じだと思います。(ほとんどの雪像が東向きに作られているので午後は逆光ですし)
オープン後の会場内の道は融雪剤が使ってあるから滑りにくいし、札幌の歩道は雪が片付けられて歩きやすい所が多かったですが、やはり滑りにくい靴がお勧めですw










| obat | 北海道・東北 | 16:30 | - | trackbacks(0) | pookmark |
2012年夏 道東の旅 その10 旅の終わり
最終日の朝、釧路市内をお散歩しました。
歩道とかにお花が咲いていて綺麗でした。










少し高台から見た景色。



軍艦でしょうか?



朝食はホテルでとらず、昔行って美味しかった喰い処 鮭番屋で頂くことにしました。
干物どれにしようかなあ。朝からテンションUP!




ホッケにしました。



そしてイカのお刺身



ビール飲みたいけど、車の運転があるから我慢(T_T)



早速炭火で炉端焼き





イカ刺しも出てきました。



ホッケは皮も骨もよく焼くと美味しいんですよ!とお店の人がカリカリに焼いて食べさせてくれました。




朝から大満足の朝食でした。確か二人で二千円位だったと思います。安い!

釧路は本当に涼しくて快適でした。避暑地として最高です。
そして今回良く食べた。自然満喫した。

そしてこうちゃんの待つお家に帰ることにします♪






| obat | 北海道・東北 | 07:35 | - | trackbacks(0) | pookmark |
2012年夏 道東の旅 その9 ラビスタ釧路川
釧路では、ラビスタ釧路川に宿泊しました。
お部屋はややコンパクトですが、使いやすい間取りで綺麗です。







温泉の浴場があるので、室内はシャワーだけでした。







館内は館内着で移動可能です。



自動販売機と製氷機。



フロント横にサービスのコーヒーがありました。



そして温泉。最上階にあるので見晴らしがいいです。





綺麗だし、泉質も良くてここの温泉も気に入りました。
少し狭いですが、露天風呂もあります。



温泉の脱衣所内には洗濯機や乾燥機も設置されていました。
そして湯上りのサービス夜はカツゲン、朝はヤクルト







さらに夜食に夜泣きそばのサービスもあります。



施設も綺麗だし、設備もいいし、サービスも満点です。

但し、ひとつ残念なことがありました。
チェックイン時に宿泊代を支払うシステムになっているのですが、私が予約した金額よりはるか上の金額を請求されました。
フロントの女性スタッフの人に予約を代行した会社に確認するようお願いしましたが、予約代行業者からの予約の書類を見せて間違いありませんの一点張りで確認を入れようともしてくれませんでした。
やむなくその人の前で私が自分の携帯から予約代行会社に連絡しました。すると予約代行会社から他のフロントスタッフ宛にすぐに連絡が入ったようで、私の対応をしていた女性スタッフとコソコソと話を始め、先ほど示された予約の書類の下の方に、訂正で正しい金額が記載されていたのを指さして気まずそうな顔をしていました。
彼女達は私がそのことに気付いたことがわからなかったようで、誰の間違いなのかうやむやにしたまま何食わぬ顔で訂正後の金額で処理しました。
私はまだ電話がつながった状態だったので、予約代行業者の人に、「今回の件は貴社もしくはホテル側どちらのミスですか?必ず確認して連絡ください」とホテルの女性スタッフに聞こえるように依頼しました。
その後予約代行業者から電話がかかり、間違えていたのはホテル側ですと正式回答がありました。
予約の内容が異なるから確認してくださいとお願いしたことにも対応してくれないし、さらに自分達のミスであることに気がついても謝罪しないのはかなり印象悪かったです。
施設や設備その他サービスが良かっただけに大変残念な感じがしました。
改善を期待したいと思います。




| obat | 北海道・東北 | 07:08 | - | trackbacks(0) | pookmark |
2012年夏 道東の旅 その8 根室と釧路ドライブ
次に根室に向かいました。
途中道の駅に寄り道しました。道の駅「スワン44ねむろ」です。



ここからは、綺麗な風蓮湖を見渡せます。とても立派な施設です。





そして、ちまちんとコウママはここで大変な出会いを果たしたのです。
それは、、、、、、、、ヒグマです。
ちまちんが建物に入った瞬間、道の駅の人から熊だ熊だ熊がいるよ!
と興奮気味に声をかけられました。
ちまちんは熊どこ〜?????と言いながら建物内に突進しました。
熊は湖の対岸にいました。対岸は距離があったので、道の駅に設置されている望遠鏡で姿を見せてもらいました。
道の駅の人もこんなことは初めてらしく、大変興奮されていました。
この道の駅では風蓮湖の対岸を映し出すカメラが設置されているのですが、熊はこのカメラにばっちり撮影されており、このことはニュースにもなりました。



道の駅の人達も居合わせた他の観光客の人達も大興奮していました。

熊を見せてくださった道の駅の人達に大変感謝し、こちらで沢山お土産を買いました。
ここの一番人気商品はソフトクリームだそうです。熊さん記念に一番大きいサイズを注文♪ミルクの味が濃くて凄く美味しかったです。



興奮冷めやらぬ状態で根室に向かいました。しかし道の駅を出てすぐに鹿の飛び出しに会い、ぶつかりそうになりました。
急ブレーキ間に合ってよかった。帰宅後確認したのですが、この道の駅周辺は鹿の飛び出し多発地帯だそうです。鹿さんの生活道路になっているようです。きっと道路を渡って風蓮湖に水飲みに行っているのでしょう。鹿の事故の多い場所は、注意を促す看板が多く設置されていますので、そういう場所では一層注意して運転する必要があると思いました。

そして根室駅に到着しました。こちらの特産品は花咲ガニ♪



茹でた蟹を一匹お買い上げして、宅配にしました。
何故か生の蟹は非常に安値で売られていました。根室に暫く住みたい衝動に駆られました。



この日のランチは回転寿司 根室 花まる 根室店でいただきました。
朝ご飯もしっかり食べたし、途中道の駅でおやつ食べたりしていたので、お腹がすいておらず、ほんの少ししか食べられなかった。





ここのお寿司は安くて美味しいです。

そして釧路に向かいました。
途中牡蠣で有名な厚岸の道の駅に立ち寄りました。北海道の道の駅は施設が立派でかつ凄く見晴らしの良い立地にあることが多いです。
こちらは高台にあり、厚岸が一望に見渡せました。







釧路湿原に向かいました。今回は一番見晴らしが良いといわれている細岡展望台に行ってみることにしました。途中舗装されていない細い道路を通過しますが、何とかたどり着きました。



やっぱり綺麗。昔釧路湿原に来た時によった展望台よりも凄く見晴らしがよく、大満足してしまいました。







この日は釧路市内に宿泊しました。夕ご飯がついていなかったので、近くの居酒屋「ちゃりんこ」に行きました。



一品500円位です。北海道の海産物がお得にいただけます。特につぶ貝の刺身美味しかった。
突き出しの海老とホタテ。一押しのつぶ貝の刺身♪



すじ肉の煮込み。大阪の味付けとは異なっており、甘みが少なく醤油で味が調えられているような感じでした。



うに刺し



イカげそから揚げ



厚岸の生牡蠣!



アスパラいためと〆のうに丼です。



大変美味しゅうございました。




| obat | 北海道・東北 | 07:30 | - | trackbacks(0) | pookmark |
2012年夏 道東の旅 その7 和風旅館 野付湯元うたせ屋
この日のお宿は 野付湯元うたせ屋 です。





お部屋は大変綺麗で、快適。広々していました。







特に広いトイレ気に入りました。



そしてお食事。個室ではありませんが、仕切られた空間になっており、隣のお客さんがあまり気にならない造りになっていました。



お食事は海産物中心。皆すごく美味しい。





もちろんビールも注文しました。
飲み物メニューを置いてないとのことでした。今度行くまでには作っておいて欲しいです。



あさりのエスカルゴ風。これ熱々で凄く美味しかった。



大きなホタテは焼きあがるとスタッフの方がハサミで食べやすいサイズに切ってくれます。



これで終了。どれもかなり美味しかったです。でもその分デザート無しなのは少し違和感ありました。
お腹苦しかったけど、デザート別腹なので。



そして温泉。決して広くはありませんが、綺麗で気持ちの良い温泉でした。泉質は少しぬるっとしていました。
少し入浴時間の設定が短かかったので、もう少し長くして欲しかったなあ。
また入りに行きたいです。







こちらは朝食。朝食も美味しかったです。北海道の美味しい牛乳も頂きました。





この旅館すごく快適です。スリッパは無くて、ホテルのアメニティの靴下で館内行き来します。
インテリアも凄くセンスが良くて、何だかほっとする空間でした。食事も美味しいし、本当に良い旅館でした。







朝のサービスのコーヒー



遅いけど、あって助かったパソコン



旅館は港のすぐそばにありました。野付半島への遊覧船を勧められましたが、時間の関係でそちらは断念。
いつかまたこちらに泊まりに行く機会があれば、行ってみたいと思います。




| obat | 北海道・東北 | 00:10 | - | trackbacks(0) | pookmark |







1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ RECENT
2014年 京都 祇園祭
サギと菖蒲 (白鷺公園2)
花しょうぶ 白鷺公園
コウの記録 6/11〜7/3
シャクヤク2 + 私のデジタル一眼レフ
久宝寺緑地 シャクヤク園1
神戸 メリケンパーク・ハーバーランドの風景
客船 ボイジャーオブザシーズ その2
コウ、好調。5/25〜6/8の記録
豪華客船 ボイジャーオブザシーズ(Voyager of the Seas)
長居植物園その4 バラetc
長居植物園その3 シャクヤク園
長居植物園その2 赤クローバーの花畑etc
コウの記録5/17〜5/24
春の花その1 長居植物園 ラベンダー・チューリップ等
コウの容態悪化 (4/25〜5/16の記録)
そろそろ見頃 靭公園(うつぼ公園)のバラ
京都 仁和寺2 青もみじ・つつじetc
京都 仁和寺1 御室桜・ミツバツツジetc
淀屋橋その2 日没〜夜景
中之島公園・淀屋橋付近の夕景
コウの記録3/29〜4/23 + ボツ写真達
<2014桜>大混雑の吉野山
<2014桜>京都玉川の桜 その2
<2014桜>京都玉川の桜 その1
大阪港 ダイヤモンドポイントの夕焼け その2
<2014桜> 大阪城の桜
<2014桜>コウとお花見 桜ノ宮公園
さくら開花 & 桃園 大阪城公園 / コウ記録3/5〜3/28
夕陽の名所 大阪港ダイヤモンドポイント
長崎コンデジ旅4 あぐりの丘・道の駅そとめ
昭和の車(交通科学博物館)・ORC200
もうすぐ閉館 交通科学博物館
色とりどりの梅の花2 大阪城梅林
色とりどりの梅の花1 大阪城梅林
コウの記録 2/15〜3/2
早春の花々2(河津桜・サザンカ・ビオラ等) 長居植物園
早春の花々(梅・ラッパスイセン等) 長居植物園
あべのハルカスでランチ AWkitchen (天王寺)
雪のつもった梅の花 − 大阪城公園
四天王寺の写真 / コウ記録1/30〜2/12
水仙(スイセン)の花畑 蜻蛉池公園
長崎コンデジ旅3 鍋冠山公園の景色・・・坂道・階段・坂道・階段
コウの観察記録 1/19〜1/28
長崎コンデジ旅2 グラバー園の夜景
長崎コンデジ旅1 特急ラピート+ピーチ航空+ANAホテル
コウの観察記録 1/3〜1/18
武田尾 不思議な廃線の道を歩く
ボツにしてた正月記事
本年もよろしくお願い致します
大阪梅田のイルミネーション・夜景 (グランフロント・大阪駅etc)
大阪 光のルネサンス(光の饗宴2013)その2 + 御堂筋イルミ・中之島夜景
大阪 光のルネサンス(光の饗宴2013) その1
海遊館のイルミネーション + ハイアットリージェンシー大阪 バジリコのランチ
明石海峡大橋の夕暮れ
コウとお散歩♪ 中之島バラ園
甲斐信濃路4 身延山から見る富士山・久遠寺 (+八ヶ岳ロイヤルホテル)
超穴場!万博公園の紅葉 その2
超穴場!万博公園の紅葉 その1
京都 嵐山の紅葉 その2
京都 嵐山の紅葉 その1
甲斐信濃路3 ハイジの村 (山梨県フラワーセンター)
甲斐信濃路2 紅葉の八ヶ岳・天空の遊覧カート
甲斐信濃路1 紅葉の長円寺・八ヶ岳高原列車・清里のソフトクリーム
奈良 法隆寺からコスモスの法起寺への道
ちまちん一人旅14 ルネッサンス・バンコク・ラチャプラソン 素敵な朝食
ちまちん一人旅13 タイ到着 ルネッサンス・バンコク・ラチャプラソン
ちまちん一人旅12 シンガポール航空 ビジネスクラス ラウンジ
歌丸さん・大阪マラソン・運動会etc
ハイキング♪赤目四十八滝 (三重県)
ちまちん一人旅11 駆け足 シンガポール
奈良 鹿たち & ならまち
奈良 興福寺・元興寺・今西清兵衛商店
コウが10才になりました
ちまちん一人旅10 NZ航空 ビジネスクラスラウンジ
ちまちん一人旅9 クック諸島 ラロトンガ島の散策3
コスモス畑と秋空 − 長居植物園
ちまちん一人旅8 クック諸島 ラロトンガ島の散策2
ちまちん一人旅7 クック諸島 ラロトンガ島の散策1
ちまちん一人旅6 クック諸島 アクエリアス ラロトンガ ホテル
ちまちん一人旅5 クック諸島 ビジネスクラス
ちまちん一人旅4 オークランド空港 ビジネスクラスラウンジ
ちまちん一人旅3 駆け足 ニュージーランド オークランド
豪快! 岸和田だんじり祭
ちまちん一人旅2 ニュージーランド航空ビジネスクラス
ちまちん一人旅1 成田空港 ANAラウンジ
神戸花鳥園−鳥いろいろ
神戸花鳥園−花の画像
ゲリラ豪雨 @大阪
松阪旅行3 水屋神社 香肌峡温泉 松阪グルメ
松阪旅行2 本居宣長記念館・商人の館・原田二郎旧宅等
松阪旅行1 重要文化財にお泊りする旅 (御城番屋敷)
1万本のローソク <四天王寺 万灯供養>
梅田スカイビル 滝見小路・夜景
オリ天満橋 2500円ビアガーデンからの夕焼けと夜景
2013 なにわ淀川花火大会 動画
暑い〜っ!ι(´Д`υ) 気温のどうでもいい話
神戸 メリケンパーク (神戸港)
神戸 ハーバーランドumie
はす池の仲間達−万博公園
< 天神祭 > 陸渡御・船渡御
水面に映る蓮−万博公園
万博記念公園 太陽の塔
象鼻杯−ハスの葉で飲むお酒(長居植物園)
ハスの花 長居植物園
談山神社のあじさいと新緑 その2(奈良)
談山神社のあじさいと新緑 その1(奈良)
大阪聘珍樓(へいちんろう)で飲茶ランチ
初夏の花色々 長居植物園
あじさい 長居植物園

上記以前の記事は目次をご覧下さい


+ CATEGORIES
+ LINKS
+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ RECOMMEND
+ SPONSORED LINKS